現在位置 : ホーム >当社におけるシステム開発の進め方
システム開発に関するよくあるご質問

私たちがエンドユーザー様向けにシステム開発を進める内容を各フェーズ毎に説明いたします。
※お客様の会社規模や組織体制、システムの内容等により、一部の作業は異なる場合があります。

1.ヒアリング

最初にお客様と弊社との間で秘密保持契約(NDA)を締結します。
お客様のところに訪問させていただき、現状の業務の流れをお聞きし、どこに問題点があるか、システムで改善すべき点はどこか、などを確認します。また、お客様のご了解が得られれば、工場などの作業現場を拝見させていただきます。
これは、当社の「現場を見なくてシステムを語るなかれ」というシステム開発ポリシーでもあります。

ヒアリングフェーズにおいて確認する事柄

  • お客様の組織図
  • お客様側のシステム開発体制(ご責任者、ご担当者)
  • 今後のお打合せの進め方(参加予定者の確認も含みます)
  • 現状のコード体系
  • 伝票枚数等のデータ量
  • 情報の発生場所

等の確認。
ヒアリングにおけるご提出物:現状の業務フロー

2.要件定義

2-1.お客様のご要望をお聞きし、システム化対象範囲を明確にします。
複数部署にまたがるシステムの場合は、各部署を代表して意見等を言える責任者の方を選出していただき、必要に応じて、それらの方々も出席した打ち合わせ会を開催させていただきます。

よく現場の方が参加されないケースが見受けられますが、情報システム部門の方だけでなく、
現場など関係部署の方も出席した会議の場で、システム全体のコンセンサスをとります。

当社は、実務経験豊富なPL(プロジェクト・リーダー)がお客様での会議をリードし、関係者方々と調整しながら全体をとりまとめていきます。

2-2.お打合せ内容は「言った/聞いていない」といったトラブルを防止するため全て議事録を作成し、会議出席者全員の確認を取った上で、お客様・当社 各1通を保管いたします。

お打合せの席で議事録を取る余裕がない時や、議事録作成者がいない時は、お客様了解の上で、テープレコーダー等の音声記録媒体に会議の内容を録音し、後日、議事録を作成する場合もあります。

2-3.システム導入後の、新しい業務フローを作成し、システム機能を洗い出します。

2-4.洗い出された機能に基づき、開発工数を算出し、開発スケジュールを策定します。

2-5.開発工数及びスケジュールを基に、PLが当社側の開発体制を策定します。

当社側のシステム開発体制パターン

PL(プロジェクト・リーダー) 通常、上流工程に精通したSEが担当します。
SE PLを補佐し、システム設計作業を進めます。
システム規模により、SEは複数人となります。
PG(プログラマー) 開発内容に応じたスキルを持つPGを必要人数参画させます。
Webデザイナー Webシステムの場合は、Webデザイナーをメンバーに入れる場合があります。

3.基本設計

システム化対象範囲を元に、システムフローを作成します。

4.詳細設計

基本設計に基づく、各機能(プログラム)単位に詳細設計書(プログラム仕様書)に落としていきます。

プログラム仕様書の内容

変更履歴一覧
画面説明書
概要定義書 プログラム仕様書の表紙的な存在で、データフロー/ファイル関連図、処理概要、テーブル名、テーブルID、R/Wなどを記載します。
ER図
概要説明書
画面定義書
帳票定義書

5.プログラム開発・単体テスト

プログラム仕様書に基づく、担当プログラマーが各プログラムを開発していきます。

6.結合テスト・総合テスト

他システムとの結合テスト、ならびに全体的なシステムの総合テストを実施します。
同時に多数のユーザーからシステムにアクセスし、負荷を与え、レスポンスが適正かどうかの判断も行います。

7.システム カットオーバー

システムを本番環境に移行し、テストデータ等のゴミがないか確認し、システム稼動本番を迎えます。
当社は、原則 システムカットオーバーに開発スタッフが立ち会います。

8.アフターサポート

お客様とシステム保守契約を締結し、システムが問題なく稼動出来るようハード、ソフト両面からアフターサポートを実施いたします。

ページトップ