IoT

internet of things

Raspberry Pi

Raspberry Pi(ラズベリー パイ)と赤外線センサーを利用したIoT「もぐらたたき」

2019年10月25日(金)~10月27日(日)の3日間にわたり開催された 「さばえものづくり博覧会2019」にて 赤外線センサーとRaspberry Pi(ラズベリー パイ)を利用したお子様向けゲーム IoT「もぐらたたき」をブース出展しました。

現在、色々なセンサーの価格が下がり、食物工場などの温湿度・照度管理、 生産現場における機械の稼働状況監視、FA分野、 Raspberry Piは、これら各種センサーやセンシングデバイスを使用する事により、低 価格でIoTを導入する事が出来ます。
ラズパイ セットアップ後 ラズパイ本体 ラズパイ 開発現場

展示会の様子

LEDが点灯したマーク部分をおもちゃのハンマーで叩けば赤外線を遮断し、得点となる仕組みです。
LEDライトはランダムに点灯・消灯を繰り返し、インターバル時間は子ども用/大人用の 2種類を設定出来るようにしました。
プログラムはAI開発でよく使われるPythonで作成しました。

ラズパイ 展示会の様子
お問い合わせ

お問合せ:0778-42-8008
受付時間:平日 9:00-18:00 

Copyright (C) システム・プロモーション. All Rights Reserved.

TOPへ