現在位置 : ホーム > ハンディターミナル(携帯端末) システム開発
ハンディターミナルシステム開発

当社ではハンディターミナルを活用したシステムの開発を行っております。ハンディターミナルは操作が単純で分かりやすく、作業を効率的に行うことができます。

ハンディターミナル(携帯端末、情報端末)とは…
データの収集、照合用に使われる小型の携帯端末(情報端末)のことです。入出庫検品業務、棚卸業務などで広く用いられています。

【特長】
ハンディターミナルの利点は、バーコード(※1)、2次元コード(※2)、RFID(※3)を読み取ることによって、物品、資材の確認・照合がすばやく、簡単で正確に行なえることです。

※1 バーコードは数字や文字などを一次元のコードに変換したもので、JANコード・ITFコード・CODE39・CODE93・CODE128・NW-7などの種類があります。
※2 2次元コードは縦横方向に情報を記録できるバーコードで、QRコード・データマトリクス・CODE49・CODE16K・PDF417などの種類があります。
※3 RFIDはICチップで人や物を識別する技術です。電波を用いて読み取り器と情報をやり取りします。

ハンディターミナルシステムは、ハンディターミナル上で動作するアプリケーションソフトウェアと、ハンディで収集したデータを処理するソフトウェアで構成されます。
当社では、製造・物流・運輸運送・販売などにおけるハンディターミナル業務システムの開発を含め、ワイヤレスネットワーク環境下での無線ハンディターミナルを活用した無線LANソリューションなど、お客様のご要望に沿ったシステムを提供いたします。

ハンディターミナルシステム導入ケース

ハンディターミナル(携帯端末、情報端末)システムは以下のような様々なケースで導入できます。

入荷管理

入荷した品物に貼付されたバーコードを読み取り、品目や発注数が受注したものとあっているかハンディターミナルでリアルタイムで確認することができます。

出荷検品管理

出荷の際、製品に貼付されたバーコードと出荷指示書のバーコードを読み取り、照合することにより簡単に検品作業を行うことができ、出荷ミスも防げます。

生産管理

各作業時に製品に貼付されたバーコードと指示書のバーコードを読み取り、照合することによりリアルタイムな生産管理を行うことができます。

ピッキング支援

フォークリフトなどにハンディを搭載し、倉庫内のロケーションやピッキングの進捗状況をすぐに把握することができます。

棚卸管理

棚や商品などに貼付されたバーコードを読み取って数量などを入力するだけの簡単な操作で棚卸業務を実現することができ、作業時間を短縮することができます。

トレーサビリティ管理

電子部品にバーコード/二次元コードをラベル貼付または直接印字することにより、部品の製造履歴の管理を行うことができます。

店舗業務管理

売上管理、売価チェック・変更、商品受発注、検品作業、棚卸、在庫管理などの作業をハンディターミナルを使用することにより、伝票記入の手間がなくなり作業の効率化を図れます。

商品管理

店舗、倉庫などで、商品に貼付されたバーコードを読み取ることにより、商品の売価等の詳細情報をすばやく確認することができます。

売上管理

商品に貼付されているバーコードを読みこみ、販売データを管理します。販売データは売上予測などの分析に使用することができます。

顧客管理

店舗などで、会員証などなどのバーコードを読み込み、販売データを入力することにより、顧客情報、購買履歴を管理することができ、販売促進に役立てることができます。

倉庫管理

多品種・小ロットの商品の場合、バーコードを読み取るだけで商品の照合を行うことができ、紙への記入など以前は手間のかかった作業を大幅に簡略化することができます。

在庫管理

店舗などで、棚や商品に貼付されたバーコードを読み取って在庫状況を確認し、発注数を入力します。在庫数をリアルタイムで確認することができ、発注処理を適切に行うことができます。

物流仕分管理

輸送物に貼付されたバーコードを読み込むことにより、輸送先をリアルタイムで照会することができ、輸送物の仕分けの手間を省くことができます。

宅配業務管理

ドライバーが集荷、宅配時にバーコードを読み取り、その情報を本社にネットワークで送信することにより集荷、宅配状況が把握しやすくなります。

人事管理

社員証のバーコードを読み込むことにより、出勤・退勤時間を自動的に打刻し、勤怠管理を効率よく行うことができます。また、人事と給与を連動して一元的に管理することもできます。

営業支援

営業先からハンディターミナルを使用し、商品情報照会、在庫照会、受注入力などの作業を行うことができます。

資産管理

会社の固定資産にバーコードを貼付することにより、利用状況などの現物管理を正確に行うことができます。

入退出管理

入退出時に社員証のバーコードを読み込むことにより、入退出者、時間などのデータを記録することができ、セキュリティ強化に役立てます。

QRコード(二次元コード)を利用したシステム開発

当社では、大容量・省スペース・高速読取の特徴を持つQRコード(二次元コード)を利用した各種アプリケーション開発実績があります。
【対象】物流・流通業、製造業 他

QRコードを利用したモバイルアプリケーションの開発も承ります。
■受託開発実績■
生産管理・工程管理
販売管理系(出荷業務)

※QRコードにつきましては、株式会社デンソーウェーブ/QRコード専用サイト『QRコードドットコム』をご参照下さい。
QRコードRは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
ページトップ